係長の独り言 〜戦う社畜〜

社畜係長のビジネスツール紹介や趣味、AMAZON購入レビュー

家にあるウミガメの剥製がワシントン条約で商取引禁止!?の代物でした。。。 Amazonでも販売していない!

SPONSORED LINK

お仕事お疲れ様です。係長です。

 

一度は、目にした事があるのではないでしょうか?ウミガメの剥製。私の実家にも何十年も前からずっと壁に引っ付いています。

f:id:kakarityo429:20180812152112j:plain

よくよく見ると気持ち悪いし、気にもなったので、調べてみる事にしました。

 

ウミガメの種類は地球上で8種、全てが絶滅の危機にある

地球上に生息するウミガメ8種全ては絶滅の危機に瀕しているようです。

ウミガメの種類はこちらからご確認ください。

www.kuroshima.org

 

実家のウミガメの種類は?

f:id:kakarityo429:20180812153903j:plain

実家のウミガメの種類が気になりました。ウミガメの剥製をネットで検索すると壁などに飾る剥製として多いのが「タイマイ」と「アカウミガメ」の2種類でどちらかの可能性が高いようでした。この2種類の見分け方を検索すると、目と目の間の額版の数で見分けられるようです。「タイマイ」は4枚、「アカウミガメ」は5枚です。

f:id:kakarityo429:20180812161243j:plain

5枚あるので「アカウミガメ」でした。ご自宅に飾られていましたら是非確認して見てください。ちなみに、「タイマイ」と「アカウミガメ」では、「タイマイ」の方が希少性が高いようです。 

 

商取引禁止!ワシントン条約とは?

f:id:kakarityo429:20180812161852j:plain

ワシントン条約とは、絶滅の恐れがある種の野生生物を保護するための国際取引に関する条約です。日本では「種の保存法」という法律で私達の生活に関してもいくつか規制されています。動物の輸入輸出だけではなく、売買・譲渡に関する内容も規制されています。

出典元:ペットQ ワシントン条約で禁止されてる動物のやり取り・種類・理由

現在では、基本的にウミガメの剥製に関する商取引は禁止となっているようです。

ウミガメの剥製を飾る意味

f:id:kakarityo429:20180812163642p:plain

「鶴は千年、亀は万年」ということわざの通り、亀は長寿の象徴として昔から親しまれてきた縁起の良い生き物と言われてきました。亀の剥製も同様に縁起の良いものとして、新築祝いや長寿や幸運を願うという意味で飾られています。事業をしている会社では、繁盛や発展を願い飾ってあります。

 

動物園や水族館で生きたウミガメは目にしていましたが、絶滅の危機にある生物でした。今後、新たに作られないのでウミガメの剥製の希少性は高まっていくのでしょうか?商取引禁止なのにヤフオク等では出品されています。これは大丈夫なのでしょうか?何十年も経って気になった実家のウミガメの剥製から色々と考えさせられました。